トップ > 民生委員の部屋トップ > 民生委員関連情報 > おしらせ > 平成22年度「児童虐待防止推進月間」について

平成22年度「児童虐待防止推進月間」について 終了


 児童虐待に関する相談対応件数は依然として増加しており、特に、子どもの生命が奪われるなど重大な事件も後を絶たない状況において、児童虐待問題は社会全体で早急に解決すべき重要な課題となっている。そのため、虐待の発生予防、早期発見・早期対応から虐待を受けた子どもの自立に至るまでの切れ目のない総合的な支援が必要である。

 これらの総合的な対策が地域に根づき、効果的に実施されていくためには、援助関係者を含む各界各層の幅広い国民の理解を深めていくことが不可欠である。

 このため、11月を「児童虐待防止推進月間(以下「月間」という。)」と定め、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施することにより、家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう、多くの民間団体や国・地方公共団体など関係者の積極的な参加を求め、協働して児童虐待防止対策への取組を推進し、その充実と定着を図るものである。




基本方針


 (1)児童虐待防止に向けた国民的意識の高揚・定着
 (2)地域社会に根ざした児童虐待防止活動の促進
 (3)児童虐待防止活動による民間団体等の関係団体や関係機関、地域住民等の連携強化




標語


 『見すごすな 幼い子どもの SOS』
 平成22年度「児童虐待防止推進月間」標語として全国公募により選定された作品




期間


 平成22年度11月1日(月)から30日(火)までの1か月間
 ただし、地域の実情に応じ、期間延長等の変更は差し支えないものとする。




主唱者


 厚生労働省、内閣府




協力者


 (1)関係省庁等
  警察庁、法務省、文部科学省、最高裁判所

 (2)関係団体
  全国民生委員児童委員連合会、全国児童相談所長会、全国児童養護施設協議会
  その他多数




実施事項


 県内民児協及び各委員個人において、下記取組及び上記記載の標語の周知にご協力ください。


(1)広報・啓発活動
 ・ポスター、リーフレット、オレンジリボン等の広報媒体の作成、配布
 ・テレビ、新聞、機関紙、広報誌及びインターネットなどを通じての広報啓発
(2)オレンジリボン・キャンペーンの推進
 オレンジリボン普及のため、シンボル的施設へのオレンジライトアップやオレンジリボンを付けての子ども虐待防止パレードなどの実施
(3)フォーラム・シンポジウム・講演会・研修会・会議・展示会などの開催
(4)電話相談などの相談援助活動の実施
(5)その他「月間」にふさわしい行事等の実施




関係リンク先


  厚生労働省HP内「児童虐待防止・DV防止対策」