トップ > 民生委員の部屋トップ > 各種研修会 > 全民児連研修会 > 全国主任児童委員研修会

全国主任児童委員研修会(締切)


 主任児童委員を対象に、その果たすべき役割や子供が安心して暮らせる環境づくり等について、検討協議する、全民児連主催の研修会です。




趣 旨


 都市化や核家族化などにより、家族内や地域における人間関係の希薄化がすすみ、また、子どもたちが虐待や犯罪被害に巻き込まれる事件が後を絶たず、社会全体で子どもの命、権利を守り、家庭を支援していくことがますます重要になっている。とりわけ、深刻化し続ける児童虐待の背景ともなっている育児不安や子育ての孤立など、課題を抱える親子への支援は喫緊の課題である。
 このようななか、全民児連の「全国児童委員活動強化推進方策『広げよう 地域に根ざした 思いやり』行動宣言・児童委員(主任児童委員)版」では、 児童委員と主任児童委員の連携により、子育て家庭等を支えるとともに、児童虐待や家庭内暴力の発生予防と早期発見、子どもを犯罪等から守る取り組みを重点課題としている。また、「主任児童委員」が平成6年に設置されて15年が経ったいま、その役割について再確認し、主任児童委員は区域担当児童委員とともに、地域住民や関係機関等との積極的な連携・協働により、このような活動の中心となって子どもを守り安心して子育てができる地域づくりを推進していくことが期待されている。
 本研修会は、主に経験を積まれた主任児童委員を対象に、その役割について協議し、地域における児童委員活動を一層活性化することを目的に開催する。




主 催/後 援


 (主 催)
  全国民生委員児童委員連合会、全国社会福祉協議会

 (後 援)
  厚生労働省






開催日時と会場


 日 時:平成21年11月30日(月)・12月1日(火)
 場 所:「NASPAニューオータニ」
     〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2117-9(地図はこちら)
     TEL:025-780-6111/FAX: 025-780-6223





対象と定員


 (対象者)
  @主任児童委員
  A単位民児協会長
  B児童福祉・教育関係者、行政・社協民生委員児童委員業務担当者
  Cその他、民生委員児童委員活動に関係する者

 (定 員)
  県内10名




日程及び研修内容


 民生委員・児童委員リーダー研修会の日程表です。


<1日目>
 13:00〜13:10 開 会

 13:10〜13:50 行政説明
          厚生労働省雇用均等・児童家庭局育成環境課

 13:50〜14:50 講 義

(テーマ)
主任児童委員への期待 〜全国児童委員活動強化推進方策の実践に向けて〜

(講 師)
大阪府立大学 准教授 山野 則子 氏


 14:50〜15:00 休 憩

 15:00〜17:00 シンポジウム

(テーマ)
子育て家庭を支え、子どもが安心して育つことができる地域社会づくりについて考える 〜関係機関等との連携・協働のもと実践する主任児童委員活動

(ねらい)
 全民児連が策定した、「全国児童委員活動強化推進方策『広げよう 地域に根ざした 思いやり』行動宣言・児童委員(主任児童委員)版」では、児童委員と主任児童委員ならびに関係機関等との連携・協働により、子育て家庭等を支えるとともに、児童虐待や家庭内暴力の発生予防と早期発見・早期対応に取り組むことや、子どもを犯罪等から守る取り組みを重点課題としている。これらの活動は、民児協組織として、地域住民や関係機関等とともに推進することがより重要である。 本シンポジウムでは、地域での連携・協働を視点に、子どもと子育て支援活動を展開している関係者をシンポジストとして迎え、その活動内容、住民や関係機関等との連携における課題等について協議し、主任児童委員の果たすべき役割は何かを考える。

(コーディネーター)
昭和女子大学准教授(全民児連児童委員活動推進部会委員)  橋 久雄 氏

(シンポジスト)
主任児童委員、児童福祉行政関係者、社会福祉協議会関係者 等

 18:30〜20:00 交流会




<2日目>
 9:15〜14:00 テーマ別分科会(11:45〜12:30 昼食)
 ※各テーマ2会場に分かれての研修となります。

(テーマT)
関係機関や専門職との連携・協働について学ぶ 〜課題を抱える親子を支援するために

(ねらい)
 虐待や不登校、非行など様々な課題を抱える子どもや親は地域の中で孤立していることが少なくない。そのため、地域住民間で信頼関係を構築することが難しいケースもある。このような親子を早期に発見し、必要に応じて個別に相談にのり、地域全体で見守り支えていくために主任児童委員が果たす役割は大きく、関係機関との連携が欠かせない。 本分科会では、こうした課題を抱える子どもや親に、関係機関 と連携して関わる際の視点や主任児童委員としての役割について、講義と演習を通して考える。

(講 師)
昭和女子大学准教授(全民児連児童委員活動推進部会委員) 橋 久雄 氏
大阪府立大学准教授 山野 則子 氏



(テーマU)
地域での子育て支援活動の推進について学ぶ 〜子育て環境を理解し、わがまちならではの活動展開のために

(ねらい)
 子どもと子育てを支援する活動を地域住民や関係機関・団体と協働して展開するために、主任児童委員にはその活動企画者として、民児協内、また地域のネットワークにおけるパイプ役としての役割が求められている。
 本分科会では、地域と協働して地域性を活かした活動を推進し ていくためにどのような取り組みが必要か、そのために主任児 童委員は推進役としてどのような活動が求められているか等について、ワークショップなど演習を通して考える。

(講 師)
岩手県立大学准教授  山本 克彦 氏
ライフデザイン研究所FLAP代表 岩木 啓子 氏




参加募集


 千葉県からの募集人数は、10名です。参加希望の方は、各市町村民児協事務局にお申し込みください。参加希望人数が多数の場合は、県民児協で調整させていく場合もありますので、あらかじめご承知おきください。




参加費


 (参加費)
  1人当たり4,000円

 ※参加費・宿泊費・交通費は、県民児協でお支払いいたします。
 ※交通費は、研修後にあらかじめお聞きした口座にお振り込みいたします。




参加に際して


 参加に際して、事前アンケートをお書きいただくことになります。これは、2日目の分科会グループ分けや演習内容等の参考とするためです。